お知らせ/乙女自動車

乙女自動車のお知らせブログ

増税と減税

0

    令和1年10月より消費税率が8%から10%に増税となりました。

    その事により車業界も税改革が行われました。

     

    消費税が10%に引き上げられる際に自動車取得税は廃止され

    環境性能割が導入されました。

     

    環境性能割は燃費性能の良い車は税負担が軽くなり、

    燃費性能の悪い車は税負担が重くなるという性質を持つ税金です。

    令和1年9月30日までの自動車取得税(普通車:3%、軽自動車:2%)も、

    エコカー減税によって燃費性能の良い車ほど優遇されているので

    全体的には似たような制度である、という印象です。

     

    売買などで自動車を取得した取得者に対して課税される税金の事です。

    税率は、環境負荷軽減(燃費基準値達成度など)に応じて

    非課税、1%、2%、3%の4段階に区分けされています。

    なお、新車で購入した場合と中古車で購入した場合も環境性能割の

    税率は同じですが、取得価額(現在の自動車の価値に相当する金額)

    を算出する方法が新車と中古車で異なる為、税額は変わってきます。

    また、中古車の中でも、新しい年式の場合と経過年数が経っている場合で

    自動車の価値を算出する掛け率が異なります。
    2020年9月30日までは消費税10%の対応処置として

    一部の区分で税率が軽減されています。
    環境性能割の課税対象車両は、自動車と軽自動車です。

     

    因みに、環境性能割は新車販売台数の約半分が非課税の対象になる見通しです。

    燃費基準に適合しているかは、各メーカーが車種毎にエコカー減税と同様に記載

    するはずなので、自動車を購入する際は必ずチェックするようにしましょう。

     

    消費税が増税されても取得税が廃止になり環境性能割が適用されるという

    お話をご紹介させていただきました。

     

    詳しくは総務省のホームページをご覧ください。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    search this site.

    others